トップバナー
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ アクセスマップ
住所
メニュー1 メニュー2 メニュー3 メニュー4 メニュー5
トップ >普及充実事業 > 学校給食調理技術講習会
調理技術講習会 栄養教諭・職員研修会 給食料理コンクール 研究指定校委嘱 功労者表彰 冷凍冷蔵保管庫貸与 管理システム貸与事業 広報紙 展示・協議会 HPの充実 視察・見学 行事情報 給食の歴史 施設使用について
普及充実事業
 
 

 調理の研修を通して、学校給食調理従事員の技術及び資質の向上を図ることを目的としています。

 
 
 
学校給食調理技術講習会 研修主題
 
年 度 研修主題
平成29年度 「魅力あるおいしい学校給食にするために」 〜だしで変わる料理のおいしさ〜
平成30年度 「魅力あるおいしい学校給食にするために」 〜切り方で変わる料理のおいしさ〜
平成31年度 「魅力あるおいしい学校給食にするために」 〜2020東京オリンピック開催を祝う〜
平成32年度 「魅力あるおいしい学校給食にするために」 〜素材を生かす下処理〜
平成33年度 「魅力あるおいしい学校給食にするために」 〜加熱調理のポイント〜
※研修主題をクリックすると実習献立を見ることができます。
 
 学校給食調理技術講習会は平成29年度から内容を新たにし、5年計画で和食を中心とした調理の基本の講習を行っています。
 平成30年度は「切り方で変わる料理のおいしさ」をサブテーマに、切裁についての講習を行いました。
 講義では包丁の特徴から始まり、料理に応じた切り方をすることが大切であること、食材の繊維方向に対して、平行に切るか直角に切るかで食感や味などが変わることなどを講習し、調理ではその違いを体感できるような実習を行いました。
 受講後は「同じ料理でも、切り方を変えるだけで、食感や味が異なることを体感できた。」「食材を切る時に、大きさは常に意識していたが、方向はあまり意識していなかったので、勉強になった。」などの感想があり、今後の業務に役に立つ内容となったようです。
 
 
 
 
 
 
 
このページのTOPにもどる  
 
Copyright(C)2011 公益財団法人福岡県学校給食会 All Rights Reserved.